Welcome to Eorzea

じゃんく隊長・隊員トラの
まったりFF14プレイ日記&山行記録ʕ•ᴥ•ʔ

     I'm so glad that I met you!

29

【JT(じゃんく登山隊)】 迷走!秀峰・北海道駒ヶ岳 [日本二百名山・北海道百名山]


おこんにちは、とらのすけです!(*・`ω´・)ゞ

本来であれば東京2020開会式が
行われるはずだった7月の4連休。

じゃんく登山隊では『第1回函館遠征!』として
北海道駒ヶ岳へ行って参りました!

今回は前日から前のりし、
大沼国定公園にある「東大沼キャンプ場」で
山用テントの性能お試しがてらの
初キャンプ…!
☆―(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエ―イ

今回はちょっとボリュームありますが
暇つぶしにでも読んでいただけると幸いです。(*ノωノ)









東大沼キャンプ場について



1595808771185-2.jpg

「東大沼キャンプ場」は、大沼湖畔沿いに
細長く広がった芝サイトを持つ無料のキャンプ場です。

無料のわりには炊事棟やトイレも清掃が行き届いていて
なかなかにキレイ!
それぞれ2棟づつあるので、
混雑の心配もいらなさそうです。

ゴミは各自お持ち帰りなのですが、
みなさんしっかりマナーを守っているようで
キャンプ場内にゴミが落ちている
なんてこともありませんでした。

bandicam 2020-07-27 13-45-08-658

駐車場は100台は入るということですが、
休日はあっという間に満車になるみたいです。

平時だと、満車の場合は路駐してキャンプ…
ということになるのですが、、
「新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から
3密を避けるため、駐車場に停められない場合は
利用は遠慮してください」
とのこと。

それでも何台か路駐している車も
ありましたけどね。(*´~`*)

1595808827383.jpg

今夜のお城はこちら。
テント泊縦走登山用に買ったものなので
大人2人でいっぱいの、
とても小さな超軽量テントです。(*ノωノ)
重量なんと1.2㎏!

いつかこれを担いで大雪山を縦走するのだ!

無料のキャンプ場なので、管理棟はありません。
受付もする必要はなく、訪れたらすぐに場所を決めて、
好きな場所にテントを張れます。

1595808933213-2.jpg

暗くなるとキャンプの灯りがまるで漁火のようでした!

キャンプ初めてのおらが言うのもアレですが、
この景観、快適さで無料だなんて、
なかなか贅沢なキャンプ場なのではないかと思います。
( ´∀`)bグッ!

1595808924039.jpg


✔東大沼キャンプ場
bandicam 2020-07-27 14-14-34-656


map 2020-07-16 09-05-55-708





北海道駒ヶ岳(ほっかいどうこまがたけ)について


bandicam 2020-07-27 10-31-30-056
参考・ヤマレコ

お待たせいたしました!
今回の本題、「北海道駒ヶ岳」についてです!

北海道駒ヶ岳(ほっかいどうこまがたけ)は、
北海道森町、鹿部町、七飯町(ななえちょう)にまたがる
標高1,131 mの活火山です。

さほど標高の高い山ではありませんが、
それは寛永17年の大噴火・山体崩壊により、
山頂がぽっくりなくなってしまったことによるもの。

お山半分吹っ飛んで
津波がおきたらしいですからね。(´・ω・`)
江戸時代までは富士山のようなお姿をしていたと
言われています。

20060326141340.jpg

もしも本来の姿が今も残っていたら
北海道最高峰は旭岳じゃなかったかもしれない・・・。
(あくまで個人的予想ですが。)

現在火山活動は小康状態となっていますが、
噴火警戒レベル1は継続しており、
馬の背より先は立ち入り禁止とされています。

「日本二百名山」並びに、「北海道百名山」に
選定されているお山です。



主要コース・参考タイム


北海道駒ヶ岳を登る登山道は
一応、3コースあります。

■赤井川コース

提供・ヤマレコ

北海道駒ヶ岳を登るほとんどの人が利用するコース。
現在の山頂とされている馬の背までは1時間程度。
傾斜も緩く、初心者でも気軽に登ることができる。
bandicam馬の背 2020-07-27 09-51-27-981
参考・ヤマプラ


■銚子口コース
bandicam 2020-07-27 15-38-58-726
提供・ヤマプラ

Wikipedia・ヤマプラに記載ありましたので
一応ご紹介しますが、
こちらは3年ほど前に廃道となっているコースです。

7-8合目間で赤井川コースと合流しますが、
正規ルートである赤井川コース側からは
「登山道ではないため立ち入り禁止」
となっています。

行けなくもないとは思いますが、
恐らく整備はされていませんので自己責任で!

■望洋の森-砂原岳コース

提供・ヤマレコ

赤井川コースとは反対側の、砂原地区の望洋の森から
砂原岳を経由して登るコース。
こちらも現在は閉鎖されている登山道のようですが、
利用する登山者さんはちらほらいるようです。





注意事項


■入山可能な期間・時間・コースをチェックしておく!

北海道駒ヶ岳は、活火山であるため
入山規制が行われています。
2020年は6月1日~10月31日まで、
規制が緩和され入山が可能に。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【入山可能ルート】 森町赤井川登山道のみ。
          最終地点は標高約900ⅿ
          「馬ノ背」まで。
※規制ロープの先は火口原となっており、大変危険です。
  立ち入ることの無いよう、お願いいたします。

【入山可能期間】  2020年6月1日~2020年10月31日

【入山可能時間】  9:00~15:00
※15:00までに6合目駐車場へ下山ください。

【入山届の提出】  6合目駐車場に入山届が設置されています。
※噴火した場合の救助活動の際に必要となります。
  必ず記載・投函ください。

七飯大沼国際観光コンベンション協会 2020年5月29日
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


現在の登山(入山)規制は、「北海道駒ヶ岳火山防災協議会」及び「駒ヶ岳自然休養林保護管理協議会」が気象庁や北海道大学から示される火山に関する情報や学術的な見解をもとに協議を重ねた上で決定した任意の規制です。
法令に基づく規制ではありませんので、規制区域内に足を踏み入れても罰則等の適用はありませんが、登山(入山)することにより生じる火山災害のリスクを低減するために必要な措置となっておりますので、ご理解願います。

馬の背より先に行きたかったら行ってもいいけど
危ないから自己責任でね!

ということらしいです。
登山は常に自己責任ですが。(´・ω・`)


■北海道駒ヶ岳は活動中の活火山です!

現在は大人しくしている北海道駒ヶ岳ですが、
何の前触れも無く突然
噴火する可能性があります。
近年では平成8年から平成12年にかけて
計8回の小噴火が発生しましたが、
いずれの噴火も予兆を捉えることはできませんでした。

◎火山活動に異常が発生した場合は、
赤井川登山道6合目駐車場付近に設置してある拡声器から
サイレン吹鳴や下山の呼びかけが行われます。
直ちに下山してください。


※登山道上には避難小屋、シェルターはありません。
※登山道の全域、馬ノ背地点はdocomo、au、softbankの
携帯電話が利用できます。




✔ついでに北海道駒ヶ岳のお天気もチェック!







アクセスと駐車場



■赤井川コース登山口まで

・札幌からは道央自動車道で3時間45分程。
下道だと4時間ちょっとかかります。

・函館からは国道5号線を大沼へ向かって北上し、
1時間程の距離。

・JRの場合は赤井川駅を下車し、そこから徒歩で約1時間半。
赤井川駅周辺に待機タクシーはないそうです。

・タクシーを利用する場合は、JR大沼公園駅から。
料金はおよそ3,500円程度。(目安)
こちらも待機はないので、呼んでくださいとのこと。

火山防災上、登山可能時間に制限があるので
早めの出発を心がけましょう。


20200725_072147.jpg


【駐車場情報】
住所:北海道茅部郡森町
駐車台数:40台
料金:無料
その他:簡易トイレあり
   ※水場はありません。


map 2020-07-16 09-05-55-708



◎駐車場手前の道路は舗装されていないため、
車高の低い車で進入すると車を傷める可能性があります。
心配な場合は赤井川登山ゲート手前の第二駐車場を利用しましょう。





✔登山道をチェック!


駐車場脇に登山口があり、
入山届箱が設置してあります。

20200725_072139.jpg

こちらのポストは投函型なので
下山後に再記入する必要はありません。
万が一噴火等が発生した場合に
救助・救出活動を行う際の手がかりとされるそうです。

じゃんく隊長写っちゃったけど
後姿だから許してください。(´・ω・`)

959801deaebc4e159ff92723584d5f98.jpg

馬の背まではゆるっとした登山道が続きます。

道も広く、傾斜も緩いので初心者でも歩きやすそう。
ところどころにベンチも設置してあるので、
休憩にも困りません。
至れり尽くせりですね!(*´~`*)

気を付ける点があるとすれば、
ちょろちょろ転がっている小さな岩に
足をとられないように…
ということくらいでしょうか。

あと、なんとなく暑い。
気温はさほど高くないはずなんですが、
なんとなく暑い。
火山だから地熱とかなのかな?

景観は、ほとんど変化なく。
といっても雲の中なんですけどね。(*ノωノ)
晴れていれば後ろに大沼が見えたはずなのに…!

20200725_080858.jpg

40分弱で馬の背C902についてしまいました。(´・ω・`)

しっかり書いてありますね。
「一般の方は危険につきご遠慮願います」

看板の他、馬ノ背には規制ロープも設置されています。

規制ロープの先は火口原。
小規模な噴火でも噴石等が飛散してくるそうです。

「非常に危険ですので立ち入ることのないよう、
お願い致します。」

ということなんですが、
片道4時間もかけてやってきたのに
これでオシマイはなんかヤダ!ε=(`・д・´)=з

というわけでじゃんく登山隊は剣ヶ峰へ向かいます。
というか、最初から剣ヶ峯目的で登ってました。(*ノωノ)


◎馬の背より先は自己責任になります。
多くの方が剣ヶ峯を訪れていますが、
他人のブログや動画等を参考に
「別の人が中に入ってたから入った」などの理由で
立入禁止区域に入ることは絶対にしないでください。



ちなみにこの馬の背ですが、
テント泊も可能なようです。

ここでテント泊・・・。
夕焼け、星空、ご来光、、
晴れていればとても素晴らしいものを
見ることができそうです。(人*´∀`)



剣ヶ峯へ行ってみよう!


「剣ヶ峰」は、北海道駒ヶ岳のとんがり部分。
現在は馬の背部分を山頂としていますが、
実際の最高ピークはこちらにあります。

koma15-6.jpg
画像提供・「一人歩きの北海道山紀行」さん  ※P4左は南峰

アタック方法としては、
・南側P4から登る
(一番一般的で比較的難易度の低いルートらしい。)
・北峰から登る。
・ルンゼ部分から直登。
(最近はほとんど登る人がいないらしい。)

人によって様々なので自分に合ったルートを選びます。
一応、写真の奥には剣ヶ峰をトラバースして歩ける
安全ルートもあります。

今回は、ルンゼからのよじ登りコース
を行きます。(`・ω・´)



1595808946858.jpg

ルンゼにとりつくまでがなかなかの急斜面。
そして深い亀裂がいたるところにありました。
落ちたら死体すら発見されなさそう…。
((((;゚Д゚)))))))

1595809017322.jpg

そしてこちらはルンゼ部分を登りきったところ。
真っ白で何も見えません。(´・ω・`)

結構崩落が進んでいて、
情報収集・お勉強で見た資料よりも
難易度が上がっておりました。

一応上部にはロープ部分もありますが、
これはあくまで補助用です。
三点支持を維持しつつ、
岩がしっかりしているものか確認しつつ
慎重に登ります。

1595809027590-2.jpg

こんな感じのヒビ割れ岩が結構あるので要注意。
うっかり手足をかけようものなら
がっつり崩れ落ちます。

1595809053153.jpg

北峰側へ少し進んで横から見るとこんな感じ。
こんなところよくもまぁ登ってきたもんだ。
┐(´д`)┌

ルンゼを越えると剣ヶ峰をトラバースする
比較的安全な道に出ます。
そしてそこから少し戻ってP1へよじ登り。

1595808997949.jpg

山頂標識発見!♪ -(ノ○´∀)八(∀`○)ノイエーイ
ここが多分P1ですね。

じゃんく隊長は「P1~4の標識を見なかった。」
と言っていましたが、
多分この裏になにか書いてあったんじゃないかなぁ・・・。
(「北海道駒ヶ岳Ⅰ峰」とかさ…)
後から他の方の山行記録を見返したら、
そんなことが書いてあったよ…。(´・ω・`)

1595809034462.jpg

下の安全な道よりも、
おらはこっちの方が好きだったりする。(*´ω`*)

本当はここから南下してP4まで行く予定だったのですが、
若干のお勉強不足により
北峰方向へ進んでしまいました。(*ノωノ)

1595809070762.jpg

そんなわけで剣ヶ峰ゴール到着。

P1しか行けなかったうえに
あんまりにも雲の中だった為
じゃんく隊長、リベンジを誓います。(`・ω・´)


※爆音ではありませんが、音量が出るのでご注意を!

こちらは剣ヶ峰を登る際の
参考にさせて頂いた動画の一つです。
数年前のものなので、
現場の様子は変わっております。
(ロープはあるものの、崩落により動画よりも
難易度は上がっています。)

この動画は、
「晴れていたらこんな感じの景色です。」
ということでのご紹介です。
決してルンゼ直登コースをお勧めするものではありません。

できれば他のルートで登ることをお勧めします。

もしも登る際の参考とされる場合は
十分お気をつけください。


このブログを見てルンゼから登った!
大変なことになった!

と言われても、責任はとれませんので。(´・ω・`)





砂原岳へ縦走しよう!~ルンゼ再び


北海道駒ヶ岳を見上げると、
鬼のツノのようにとんがりが2つあります。
1つは先ほどの「剣ヶ峯」。
そしてもう1つのとんがりが、「砂原岳」です。
大きなところはこの2つのお山で
「北海道駒ヶ岳」は形成されています。

いわゆる「双耳峰」というやつですかな?

bandicam 2020-07-28 15-45-00-582
提供・ヤマプラ

剣ヶ峰から砂原岳までは
踏み跡がしっかりついていますので
余程のことがない限り、迷うことはないでしょう。

1595809086345.jpg

おらかっけぇな。(๑•̀д•́๑)キリッ

この雲の中には、剣ヶ峯にちょっと似た感じの
岩稜帯が隠れています。

a0390743_16001654.jpg

↑こんなやつ。(*´ω`*)

この岩稜帯の上にも道があるのですが、、
こちらは砂原地区・望洋の森から登ったときのルートになります。

剣ヶ峯から砂原岳へ行く場合は、
岩稜帯に沿って踏み跡が続いていますので
そちらを歩きます。

bandicam 2020-07-28 20-13-25-867

通常のルート。

bandicam 2020-07-28 19-48-48-688

これはアカン!なルート。

1595809098526.jpg

上から見下ろすとこんな感じ。

こちらのルンゼはロープも何もありません。
軌跡を載せてしまって言うのもアレなんですが、
危ないのでマネしないように!ε=(`・д・´)=з

1595809106127.jpg

タイトル 「山頂を示すロボットの左手」

通称「ゴリラ」(砂原岳の山頂がゴリの横顔に見える)
に気が付く人は多くても
これに気が付く人は少ないだろう。
(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

Collage 2020-07-29 08_52_11
左・チシマイワギキョウ 右・コウリンタンポポ

コウリンタンポポ、てっきり高山植物だと思っていたら
実は外来種の雑草なんですって。(´・ω・`)
繁殖力が強すぎて、北海道ではブルーリスト指定。

A2「本道の生態系等へ大きな影響を及ぼしており、
防除対策の必要性について検討する外来種」

見た目可愛いのに凶悪な奴だった。((((;゚Д゚)))))))

1595809121365-2.jpg

標識も何もない山頂。
YAMAP見ないとここが山頂ってわからなかった。(´・ω・`)
(もうちょい先まで行けそうだったから。)
雲のせいで視界不良。

1595809124407.jpg

石柱は辛うじて「三角点」と読める。。




火口をくるっと周ってみたい!


実は砂原岳側のルンゼを登るときに
火口のようなでかい穴が見えて
めっさ盛り上がったのですが。(*゚Q゚*)

1595809091497.jpg

これは多分「昭和17年火口」。

火口を間近で見つつ、東からくるっと一周してみよう!
ということに。

20200725_130544.jpg

「昭和17年火口」ルンゼから見た穴のさらに奥が見えた。
グランドキャニオンみたいだ…!(*゚Q゚*)

この巨大な溝は、大噴火がおきた
「昭和4年火口」へとつながっています。

この後から雲が一層濃くなる。

20200725_132820.jpg

双子っぽい岩と火口を撮影したはずが
とても残念な写真に…。_(:□ 」∠)_



そして途中でじゃんく隊長が重大なことに気が付く。

J 「これ、1周できないんじゃね?」
T 「え!?Σ(´Д`*)」

bandicam 2020-07-27 16-20-22-313

くるっと一周したいのであれば、
巨大火口と亀裂沿いにずっと下って、
隅田盛(892.2)経由
というルートが考えられます。

一応、地図では溝を渡れそうな箇所が
あることにはある。
ただ、多分崖になっている。
そして真っ白で何も見えない。
恐らく危険であろう道を
目視で確認できない状態で進むのは
とてもこわい。(´・ω・`)

ついでに言うと雲が濃いせいで
一周したとしても火口はほぼ見えない。

結論として、今回は引き返すことにいたしましたが、
一応くるっと一周できるみたいです。

bandicam 2020-07-29 09-27-16-732

かなり大回りになりますけどね。(´・ω・`)

こちらはとあるYAMAPユーザーさんが
火口1周を試みたときの軌跡。

溝を渡ったときの道の様子がこちら⇓ ※クリックで拡大

bandicam 2020-07-07 15-56-48-229


この方の結論としては

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
火口の東側から廻る事は普通には出来ません。
今回、廻りましたが、かなりリスクがあり
厳しいと思います。
台風とかで溝の状況も変化すると感じます。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


ということだそうです。

雲の中なら視界も悪いし、尚更ですね。
やめといてよかった。ε=(´ー`*)


◎この画像は2018年6月のものなので
現在の様子とは異なっている可能性があります。
火口をくるっと一周される方は、
くれぐれもお気をつけください!




最後に



今回おらたちのYAMAP活動データは
全く参考になりませんので掲載は
控えようかと思います。(*ノωノ)

どうしても気になる方は
「YAMAP 北海道駒ヶ岳 Junk」(7月25日)でググれば
じゃんく隊長の記録が出てきますので
そちらからご覧くださいまし。

1595808764176.jpg


【活動データ】
行動時間:8時間35分(休憩時間:45分程度)
距離:12.9㎞
累積標高:上り1,017m 下り1,019m
水:500ml(寅)


随分山頂で遊ばせていただきました。(*ノ∪`*)

生憎の雲の中で、景観は皆無でしたが
テントの性能チェックとルンゼ直登練習は
経験として大きかったかな。

これでアンギラスもゆゆうだぜ!
(`・□・´*)ノ"オー!!

なかなかおもろかったので、
今度はバッチリお天気良い日に
P4~P1と火口周辺リベンジしたいな
と思っています。


結構なボリュームの記事になってしまいましたが、
みなさまお付き合いありがとうございました!



関連記事
スポンサーサイト



0Comments