Welcome to Eorzea

じゃんく隊長・隊員トラの
まったりFF14プレイ日記&山行記録ʕ•ᴥ•ʔ

     I'm so glad that I met you!

16

【JT(じゃんく登山隊)】 初秋の雨竜沼湿原~南暑寒岳を歩く。 [登山隊1周年記念リベンジ!]

20200914_141035_0000.png

おこんばんは、とらのすけです!(*・`ω´・)ゞ

今回は、1周年記念とあって
記事TOPもちょっと豪華です!

実はじゃんく登山隊のロゴを作ってみたくて
ロゴメーカーアプリをダウンロードしたのですが
これが思った以上に面白くって、
ついつい遊んでしまいました。
いいですね!これ!
自分のピンボケ写真が
いい感じにハマりました。(*ノωノ)

さてさて、今回の話題ですが。

じゃんく登山隊、9月でめでたく結成1周年を迎えまして!
(*´ー`)o∠;∴☆゚。+。゚*PAN*゚。+。☆.

お山を登るきっかけとなった雨竜沼湿原・南暑寒岳
改めて行ってみよう!ということになりました。

前回はいろいろやらかしたうえに
管理人さんにまで散々心配をかけた山行でしたが、
今回は気合十分準備バッチリ!
1年でどれだけ成長できたか自分を測れることもあって
ワクワクドキドキの山行です。









南暑寒岳について。


bandicam 2020-09-14 14-44-45-865
参考・ヤマプラ

以前登ったときの記事では南暑寒は「オマケ扱い」
ということで、ちょろっとも触れませんでしたので
改めてご紹介したいと思います。(`・ω・´)

南暑寒岳(みなみしょかんだけ)
暑寒別天売焼尻国定公園内にある
標高1,296mのお山です。

増毛山地の主峰・暑寒別岳(しょかんべつだけ)の南に位置し、
「北海道の尾瀬」ともいわれる「雨竜沼湿原」を中腹に抱えています。

登山道はなだらかで危険個所もないので、
長距離を歩く体力さえあれば、
初心者でも簡単に登れるお山です。


👉この山の魅力はココ!
1・距離は長いが緩やかで初心者にも歩きやすい登山道
2・中腹には「北海道の尾瀬」と言われる「雨竜沼湿原」が広がる
3・滝、沼、湿原、そして花畑と見どころがぎっしり!








雨竜沼湿原の概要


1569108930521.jpg
2019年9月21日 じゃんく隊長撮影

さて、いつもならここで登山コースをご紹介するのですが、、、
雨竜沼湿原については山歩きをしない人にも、
ぜひ関心を持ってもらいたい!ということで。
先に少々触れておきたいと思います。


雨竜沼湿原は増毛山地の中腹にある日本有数の山岳型高層湿原帯です。
南北2キロメートルにわたって広がり、その面積は101.5ヘクタール。

「高層湿原」とは、泥炭が多量に蓄積されて周囲よりも高くなったために
地下水では涵養(かんよう)されず、
雨水のみで維持されている貧栄養な湿原を指します。

雨竜沼湿原の場合は、玄武岩溶岩流の台地上に
コケ類が秋から冬にかけても腐敗せず、
そのまま堆積し形成された泥炭地。

簡単に言うと、低温・過湿で塩類の乏しい
貧栄養の所にできる湿原なんですが、
そんなところに、こんな美しい風景が広がってるなんて!
驚きです!

fbf2ae01a35dba031ef9e05347822397.jpg
写真提供・「北海道の川旅」さん エゾカンゾウの群生

7月になると自分の大好きな花、「エゾカンゾウ」をはじめ
じゃんく隊長押しの「チングルマ」、
その他「ミズバショウ」、「ヒオウギアヤメ」、「シナノキンバイ」などなど、
たくさんの花が咲き乱れます。

湿原に咲く代表的な花と開花時期につきましては、
雨竜町公式ページから確認することができます。

また直近の湿原の様子につきましては、
雨竜町観光協会ウェブサイトから確認することができます。
こちらには道路状況の情報や、登山ガイドパンフレット等も
掲載されていますので
お出かけ前にぜひご確認ください。




主要コースと参考タイム


雨竜沼湿原・南暑寒岳山頂へ至るルートは
雨竜沼ゲートパーク登山口からのルートが一般的です。
暑寒別岳側からの縦走も可能ですが、
縦走路は急登藪こぎ、距離も往復すると24㎞近くある
長ロングコースで、健脚者向けのコースとなっています。

■南暑寒岳~雨竜沼湿原経由

提供・ヤマレコ/soramari
bandicam 2020-09-14 14-45-39-149湿原
上り:南暑寒荘(50分)→白竜の滝(50分)→三合目・雨竜沼湿原入口(60分)
→展望台(145分)→南暑寒岳
下り:南暑寒岳(100分)→展望台(50分)→雨竜沼湿原入口(40分)
→白竜の滝(40分)→南暑寒荘
参考・ヤマプラ





注意事項


bandicam 2020-07-03 14-14-27-312■ヒグマ目撃情報多数あり!

暑寒別岳及び南暑寒岳では熊の目撃情報や
熊糞・熊の掘り返し発見の情報が寄せられています。

8月22日にはゲートパーク駐車場での目撃情報もあります。

さらにお隣の暑寒別岳では、8月9日
至近距離での遭遇が多発
警察や猟友会のメンバーが現場に駆けつけて
登山客20人以上で集団で下山する
という事態も発生しています。


単独行動を避け、鈴等の鳴り物を必ず携帯し、ヒグマに自分の存在を示してください。
食べ物等を捨てるとヒグマの餌となり、人を見つけると近寄るようになるため、
ごみ等は必ず持ち帰るようにお願いします。
早朝からの登山を控え、雨竜沼湿原から16時までに下山できるよう計画してください。
ヒグマのフンや足跡等を見つけた場合は、登山を中止し下山してください。


特に湿原から上の登山道は
数十センチおきに掘り返しがあるような状態でした。
登山される場合はくれぐれもお気をつけくださいまし。
((((;゚Д゚)))))))


■ゲートパーク開設期間について
・例年、概ね6月下旬から10月上旬までの開設ですが、
災害等により短縮される年がありますので、注意が必要です。
※令和2年度は6月24日~10月9日まで

・開設日は、積雪が少なく融雪の早い年は6月中旬頃、
積雪が多く融雪の遅い年は7月上旬頃開設となるそうです。

・雨竜沼湿原では10月上旬~中旬に初雪が降ります。
暑寒別岳は9月下旬に降る年もありますので、登山計画をたてる際にはご注意を!


■雨竜沼湿原木道について
国定公園を管理する北海道では、雨竜沼湿原の歩道(木道)整備を実施しています。
木道は、登山者の通行による植物の踏みつけを防ぎ、
湿原の生態系を保全する効果がありますので、
歩行に関しては木道から外れないよう皆さんのご協力をお願いします。
雨竜町公式ページより

お手洗い等至る所に
「植生を荒らさないように!山菜取りしてる人がいたら通報してね!」
というポスターが貼ってあります。
タケノコなんか採ろうものなら大目玉ですので
ご注意ください。(*ノωノ)





雨竜沼湿原ゲートパーク アクセス・駐車場情報


旭川市や札幌市から、登山口となる雨竜沼湿原ゲートパークへのアクセス方法は、
道央自動車道の滝川ICから滝川市街地、新十津川町を経て国道275号線を北上、
道道432号線に入り林道を進むのが一般的です。

林道は中間付近の「暑寒ダム」を過ぎるとほとんどが砂利道で、
道幅もかなり狭いため走行には注意が必要です。
また、風水害により通行止めになることもありますので、
大雨が続いた後などには要確認です。


札幌市からはおよそ120km、
道央自動車道経由で約2時間程です。

image-59.jpg
【駐車場情報】
住所: 北海道雨竜郡雨竜町338−2
駐車台数:第1駐車場/普通車73台・大型2台
       第2駐車場/普通車76台・大型2台
料金:無料
その他:水場あり / トイレ水洗
    ※管理棟で登山靴泥おとし用のブラシや
     忘れ物トレッキングポールの貸し出しもされています。

map 2020-07-16 09-05-55-708



■雨竜沼湿原ゲートパーク施設について

1600048013664.jpg

開設期間は6月下旬~10月上旬
駐車場無料:普通車150台
キャンプ場 無料
山小屋(南暑寒荘) 無料
(寝具・食事は各自必要)

◎南暑寒荘は相部屋形式の宿泊施設のため、
新型コロナウイルス感染症対策として
令和2年度の宿泊利用はできません。


1600048021123.jpg

■入山届について

基本的には管理棟で提出しますが、、
2019年から管理人さんが9時から16時30分までの在勤となり、
それ以外の時間帯は不在となりました。
(それまでは24時間体制だったそうです。)

出発は多くの方が早朝であろうと思われます。
管理人さんの不在時は、管理棟手前の「入山届所(通称・電話ボックス)」
(管理棟写真右下)
にて提出となります。

なお、管理棟では環境美化整備協力金(任意)として
1人500円を支払うことができます。
あくまで任意ですが、協力金を支払うと、
雨竜町内で利用できる割引券がもらえます。

雨竜町いきいき館入浴100円割引券
雨竜町パークゴルフ100円割引券
雨竜町道の駅(雨竜米アイス50円割引券)
雨竜町商店街100円割引券

2020年度の内容はだいたいこんな感じ。
昨年貰った割引券も同じ内容だった気がします。

20200915_111055_0000.png

雨竜米のアイスは
お米のツブツブ食感がクセになる
とっても美味しいアイスです!




✔登山道をcheck!南暑寒荘~雨竜沼湿原まで


登山道の様子は以前の記事を参照ください!
と言いたいところなのですが、
だいぶ誇張されている感がありますので
改めて書き直したいと思います。(*ノωノ)

20200912_065730.jpg

砂利の作業道を少し進むと最初の橋が現れます。
つり橋なのでちょっと揺れます。
高いところが苦手な方はご注意くださいね。(*´ω`*)

つり橋は、湿原との中間地点にももう1ヶ所あります。

20200912_071740.jpg

橋の下は水量豊富な「ペンケペタン川」。
源流はもちろん雨竜沼湿原。
暑寒湖と尾白利加ダム(おしらりかダム・暑寒ダム)の水源となる川です。

1600142391225.jpg

最初の見どころはココ!「白竜の滝」
第2つり橋の少し手前に分岐があり、
簡単なロープ場を下りた先にあります。

ペンケペタン川に懸かる落差25mの直瀑で
公称落差は36mとも言われています。

かなり豪快!(*゚Q゚*)

この滝は登山道からも見ることができますが、
割とすぐに下まで降りられるので
近くで見たほうが迫力があってお勧めです。

前回登山時は帰りに寄ろうとしたけど
下山時にはバテバテでそんな余裕なかったのです。(*ノωノ)



第2吊橋手前でムグムグしている可愛いヤツに遭遇。
一生懸命何か食べている…。

368acc91.jpg
※昨年の画像です。

第2吊橋を越えると「剣竜坂」と呼ばれる急登に入ります。
急登といってもそんなに急ではないので
ご安心ください。
距離も短いです。

ガレ場もありますが、
岩の大きさもよじ登るようなものはありません。
脚が短くても大丈夫。
昨年の登山時の記事には「腰までの高さの岩がうにゃうにゃ…」
言ってましたが、そんなものは幻です。(`・ω・´)

20200912_135731.jpg

湿原の少し手前では「ペンケペタン川」におりて遊ぶことができます。

大きめの乾いた石がごろごろ頭を出しているので
滑り落ちることはまずないとは思いますが、、
流れは急で水量もありますので
遊ぶ場合は十分に気をつけてください。

ちょうどこの辺りで渓谷歩きはお終いとなります。

f2fe7d6a71a36fb039b870c66b49fc58.jpg

この看板が見えたら湿原はもう目の前です!

看板にはブラシがひっかけてありますので、
靴に付いた雑草の種子をしっかり落としてから湿原に入りましょう。


✔登山道を再check!雨竜沼湿原~山頂まで


20200912_075830.jpg

雲が晴れないまま湿原入口へ到着。

今年は木道の改修工事があるとのことで
資材がそこら中に置いてあります。
荷上げはヘリで行われたようですが、
工事関係者の方々はゲートパークから歩いて
ここまで作業しにやってきています。
本当にご苦労様です、ありがたいです。(´・ω・`)

改修工事は令和2年10月いっぱいまでとのことです。

入り口の少し先に立派なテラスがありますが、
上りではあえてスルーします。
今回は南暑寒岳山頂が目的なので、
ヒグマ対策として人が多いうちに少しでも登っておきたい!

20200912_080702.jpg

草紅葉の見ごろまではあと1週間くらいでしょうかね。
週末の連休には見事に染まっている…かもしれません。

1569108902176.jpg
2019年9月21日 撮影

1600048080412.jpg
2020年9月12日 撮影

雨竜沼湿原ビフォーアフター!

1年前と同じ場所で写真を撮ってみました。
今年の写真は南暑寒に雲がかかって見えませんが
多分同じ沼だと思います。

綺麗に鏡面になっていた水面が
草ボーボーになっちゃいましたが
これはこれで、1年でどれだけ変化するのか見れて
面白いものです。(*´~`*)




20200912_065770.jpg

こちらは木道終着点。
朽ちかけてボロボロだった木道が
きれいに整備されています。
ホントに出来立てのようで、ふわっと木の香りがしました。

20200912_085121.jpg

階段を登り切った少し先には雨竜沼湿原展望台があります。
雨竜沼観光協会のパンフレットによると
湿原テラスからは2.5㎞、約1時間程度だそうです。

ここまで来ないで湿原の木道を
一周して帰ってしまう人も結構多いのですが、
晴れていれば湿原の入り口まで見渡すことができますので
ほんのちょっと足を伸ばしてみると良いでしょう。(*´ω`*)

ここから山頂までの3.2㎞はなだらかな丘陵歩きとなります。

昨年は刈られた笹がそのまま登山道に残っていたため
足を取られて大変でしたが、
今年は苦情?があったらしく、笹は取り除かれていました。

とても歩きやすくなっていて整備してくださった方に感謝です!

20200912_090443.jpg

登山者の間では有名なこいつも待っていてくれました!

この木、皆さんは何に見えますか?
+.(・∀・).+゚。oO(UMAかな?タツノオトシゴかな? )

20200912_065777.jpg

ちなみに展望台の先はヒグマの巣窟となっています。
暑寒別側ほどではないですが・・・。((((;゚Д゚)))))))

登山道はヤバイくらいに掘り返しだらけ。
なんでも土の中のアリや木の根を食べるために
掘るのだそうです。

昨年はそんなことも知らずに
熊鈴も持たずに登っていました。
ホント、遭遇しなくてよかった・・・。

20200912_100824.jpg

ゲートパークから歩くこと3時間20分。
南暑寒岳山頂へ到着!

前回登山時は登り5時間35分…
なので2時間以上もタイムが縮まりました。

1600048091568.jpg

奥の小ぶりだけど形が綺麗な山は黄金山。
右の方には群別岳のかっちょいい山容が見えるのですが、
この時は雲の中…。

登山直前の天気予報ではだったわけで、
何とか雲が晴れないものか…、と
1時間半も山頂で粘ってみましたが、
一向に晴れる気配なし。

1600048094831.jpg

暑寒別岳、頭だけちらっとしか見えなかった。_(:□ 」∠)_

残念ではありますが、
今回の登山の目的「じゃんく登山隊の成長をみる」
については大いに達成されましたので
よしとしましょう。(´・ω・`)


ちなみに昨年のタイム、5時間35分ですが、
肌寒かった為、まるで冬山登山のような服装で登りはじめ、
暑いのにジャケットを脱がず必要以上に体力を消耗、
そして自分たちの力量を見誤り
倒木で股関節をやられ、
8~9合目でじゃんく隊長力尽きる…
の結果です。(´・ω・`)

引き返そうと言っても全然聞いてくれなかったので
タイムリミットを定めて休み休み登りなんとか下山。
その後じゃんく隊長は脱水症状を引き起こしましたが
アクエリアスに救われ無事に帰宅いたしました。





活動記録と感想


bandicam 2020-09-14 08-52-46-373
【活動データ 2020年9月12日】
時間:8時間52分(行動時間:7時間13分 休憩時間:1時間38分) 
距離:19.1km
累積標高:上り949m 下り958m
消費㌍:2,011㎉(寅)
水:500ml(寅)

【活動データ 2019年9月12日 初回登山時】
時間:10時間30分(行動時間:10時間8分 休憩時間:22分) 
距離:19.5km
累積標高:上り975m 下り1,016m
消費㌍:2,687㎉(寅)
水:記録なし

上り:5時間35分→3時間18分
下り:4時間23分→3時間35分
時間差:3時間5分


服装◎、体温調節◎
(ちょっと寒いくらいが丁度よい)
筋力・体力大幅UP⤴
登山道に刈られた笹の取り残しなし。

こんなに楽な山だったのか…!
と驚くほどに楽な山行でした。
随分成長したものです。(*ノωノ)

笹を取り除いてくれたのも
大きかったですね。

熊だけが心配でしたが、
今回も遭遇することなく終わって
ホッとしました。ʕ•ᴥ•ʔ

白竜の滝手前には
なぜか雷神様(多分)が祀ってありましたね。
神様ありがとうありがとう。(*˘人˘*)

次は6~7月の花の季節にぜひ湿原を
訪れてみたいものです。


なかなかボリューミーな内容になりましたが、
みなさま最後までお付き合いありがとうございました!
















じゃんく隊長の山写真集「山楽園」発売決定!


「その大きさ、高さに一瞬で心を捉えられてしまった」
                           写真集「山楽園」より

20200914_223424_0000.png

山岳写真の世界的巨匠・Junk 待望の写真集「山楽園」
2020年9月某日 えおるぜあ出版より発売決定!

20200916_133803_0000.png

北海道の秘境の山々の絶景写真の他、
見る者の心を動かす命がけの1枚から
じゃんく登山隊のやらかし話や無茶話、対談などなど
見どころ満載の1冊!

20200916_132728_0000.png

撮影山行8000日に及ぶ巨匠にしか表現できない山容
197点の写真解説・撮影データ付き!

20200916_180850_0000.png

書籍情報


タイトル:山楽園 豪華限定版
写真家 :Junk Sibyl
用途  :写真集
定価  :262,500gil (本体 250,000gil)
販売  :三国並びにクガネ・イシュガルド 各雑貨屋
      ※クリスタリウムでは販売していません。
 

発売記念写真展同時開催!JunkSibyl写真展 山楽園


20200916_132528_0000.png

会期 2020年9月某日~10月某日
会場 Gaiaデータセンター Durandalサーバー内 えおるぜあギャラリー
住所 シロガネ ※区 ※※番地
時間 9:30〜17:30(初日は13:00から 最終日は14:00まで 入場は閉館30分前まで)
休館日 年中無休
料金 ルガディン 10,000gil / ララフェル 無料 / 他種族 5,000gil

写真集「山楽園」を写真展へ持参いただくと、
Junk先生のサイン・名前入れを行うことができます。


◎新型コロナウイルス感染症対策とご来場のお客様へのお願い

・待機列にて、お客様同士の間隔を2m以上確保いたします。
・出演者、運営スタッフともに、マスクを着用させていただきます。
 ご参加の皆様も、必ずマスク着用にてご来場ください。
 着用の無い方はご参加できません。
・会場内にてアルコール消毒液の設置を行いますので、
イベントご参加の前に消毒へのご協力をお願いいたします。
・全てのお客様に非接触の体温計にて検温を実施させていただきます。
 37.5℃以上の方はご入場をお断りする場合がございます。
・発熱・咳・全身痛などの症状があり、体調にご不安のある方はご参加いただけません。





写真集発売、並びに写真展の開催は未定です!
。゚(゚^∀^゚)σ。゚
関連記事
スポンサーサイト



0Comments